更年期障害によい食品とは

更年期障害は、加齢とともにエストロゲンという成分がだんだん減少し、ホルモンバランスが崩れて引き起こされます。

 

エストロゲンが少なくなると、骨密度が低下しやがて骨粗鬆症に進行していきます。
エストロゲンと似た作用を持つ成分としてイソフラボンという成分があります。

 

イソフラボンを多く含むといわれている食品は、大豆製品です。

 

豆腐、納豆、みそ、おから、油揚げ、しょう油、きな粉など、ほとんど和食に使用される食品ですね。ですから、欧米人に比べて日本人は骨粗鬆症の患者が少ないといわれています。

 

このイソフラボンを多く含む食品を積極的に摂取するようにしましょう。これらを取り入れると体内でエクオール(女性ホルモンに似た働きをしてくえるもの)にかわり、体や心の悩みに働きかけてくれます。
エクオールを直接取り入れたいなら、サプリメントを利用するのもよいでしょう。大塚製薬のエクエルなどが有名ですね。

 

和食

 

ホルモンバランスによるところがおおきいため、有名なところではプラセンタ注射等が有効とされております。
ただ、美容外科でプラセンタ注射をしてもらうには、自由診療の可能性があるので金額は安くはなりませんね。

 

ただ、保険診療が適応できるプラセンタ注射もあるのでお医者さんに相談するのがいいでしょう。

 

その他にも、更年期障害に良いとされている食品があります。

 

 

 

 




うつ病の予防にはブロッコリーが良い?!

更年期障害に良いとされている食材

 

ブロッコリー

ブロッコリー

ブロッコリーに含まれる「スルフォラファン」という成分が、うつ病の予防や再発防止に効果があるということがわかってきました。特に、ブロッコリーの若芽の「スーパースプラウト」には、高濃度のスルフォラファンが含まれており、がんの予防にも効果的です。

 

 

ざくろ

ざくろ

ざくろは魔法のフルーツと呼ばれているくらい美容効果の高い果物です。エストロゲンが含まれており、エストロゲンの量を調整する役割をしてくれます。特に種に多く含まれているといわれています。ざくろは、スーパーではあまり見かけませんが、ジュースなどは手軽に手に入るのではないのでしょうか?

 

にんにく

にんにく

更年期障害とはホルモンバランスの崩れから発症しますが、にんにくの「アリシン」という成分に、ホルモンの分泌を活発にしたり調整してくれる作用があります。閉経を迎えた女性が、にんにくで再び月経がきたという報告があるほどです。